【発症要因】腸脛靭帯炎とスポーツ傷害②/新潟市の接骨院きゅらのブログ

LINE相談・予約 お問い合わせはこちら

【発症要因】腸脛靭帯炎とスポーツ傷害②/新潟市の接骨院きゅらのブログ

【発症要因】腸脛靭帯炎とスポーツ傷害②/新潟市の接骨院きゅらのブログ

2021/03/06

【発症要因】腸脛靭帯炎とスポーツ傷害②/新潟市の接骨院きゅらのブログ

新潟市の接骨院きゅらのブログ


こんにちは!

新潟市中央区の整体・接骨院きゅらの五十嵐です。

 

発症要因は何かを考えます。

素因としては、
・大腿骨外側上顆の突出が大きい人
または、
・O脚の人

O脚や、外側上顆の突出が大きい人は外側にある膝蓋靭帯の摩擦が増える為に発症します。

また膝の屈曲、伸展筋力の低下も関係。
トレーニングの問題としては、走行距離やスピードの急激な増加が発症の要因になります。
もちろん、靴の変更。
傾斜のある道路、下り坂での練習も関係してきます。


誰にでも起こりうる腸脛靭帯炎。
メンテナンスは大事ですよ!!

 

 

①【相談・質問・予約用】

NEW ②【予約専用】

 

 

怪我の早期回復と再発予防をする新潟市の接骨院

 

当院では怪我の治療の考え方は早期回復と再発予防。保険の治療は湿布や電気治療等の整形外科のリハビリのイメージを思い浮かぶと思います。新潟市近郊でスポーツの怪我や日常生活の怪我をされた時に『なかなか治らない』や『湿布だけで他に治療がなかった』『大会まで時間がない』そういったご相談を頂きます。早期回復する為には、保険から1歩踏み込む必要があるのでは考えます。保険治療に整体治療(自費診療)を組み合わせる。部分だけではなく全身を整体をする事で早期回復、再発予防に取り組んでいます。
捻挫や肉離れや打撲といった怪我が早期回復しない理由は、原因や治癒を阻害する要因が患部以外に存在している為で、患部だけのアプローチの施術では治癒が遅れてしまい、本来の日常生活やスポーツでのパフォーマンスが発揮できなくなくなっています。患部のみの施術だけでなく身体全体を的確に検査で把握して効果的に整体治療をしていく事が大事になのです。
根本的に身体を良くする事で効果的に怪我の回復が早まっていきます。

サッカーが好きな院長が新潟市で接骨院を経営しております

学生時代からサッカーが好きで、高校でのサッカー部やその後も仙台市のサッカーリーグ等でプレーを続けており、そのため、スポーツに時の外傷にも関心が強く、柔道整復師の資格を活かして怪我で大好きなスポーツができないことに苦しんでいる方々に寄り添って早期復帰に尽力させていただきます。
普段の生活による不適切な姿勢の癖やライフスタイルの乱れ等によって自己治癒力が低下していき、激しいスポーツの後に寝ても回復しきれず柔軟性を失ってしまうケースもございます。その日の運動での疲労は、その日のうちに熟睡することでしっかり回復しきれるようなお身体に仕上げるのと同誌に、怪我に対しては炎症を緩和させていくような施術等を実施いたします。お客様が安心してスポーツを思いっきり笑顔で楽しめるよう、お手伝いします。

整体で治す接骨院。寝れば治る接骨院。

5分背骨ゆらし整体

お気軽にお問合せください

新潟市中央区で皆様の体を整え、寝れば治る体に

【ブログ】DRT背骨整体とは?

スポーツ障害、怪我、肩こり、腰痛、交通事故(むち打ち)、産後整体、産前整体、体の歪み、姿勢改善、O脚矯正
頭痛、めまい、野球肩、野球肘、ランナー膝、シンスプリント、ジャンパーズニー

整形外科や接骨院の勤務を得て2012年に開院。
地域の方はもちろん、新潟市はもちろん三条市、新発田市からもご来院頂いております。
 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。